JAL普通カードはカード決済でコスパよくJALマイルが貯まるクレジットカード!

2020 5/25
JAL普通カードはカード決済でコスパよくJALマイルが貯まるクレジットカード!

JAL普通カードはカード決済メインでJALマイルを貯めるマイラーにはぴったりのJALカード。

年間5,500円にもかかわらず還元率1.0%でマイルを貯められるので、マイラー的視点でいってオススメできるカードです。

ぶっちゃけ、カード決済メインかつ利用金額が年間250万円以下なら、JAL普通カード以上にコスパ良いカードはないです。

JAL普通カードは6種類ありますが、自分がよく利用する電子マネーに対応したカードを選べばOKです!たとえば、Suicaを使うならSuicaで、PASMOを使うならOP、WAONを使うならTOKYU POINT ClubQです。

\ 今なら最大1,850マイルもらえます/

>>入会キャンペーンをチェックする

おすすめ記事!

JALカード20種類以上を全比較して「自分はどのJALカードを発行すべきか?」がすぐ分かるように選び方をまとめました⇒ JALカードを全比較して分かったおすすめの1枚は…

この記事のもくじ

JAL普通カードはカード決済メインならGOOD

JAL普通カードは通常のマイル還元率は0.5%ですが、年間3,300円のショッピングマイルプレミアに加入することで、上位カードのJALプラチナカードと同じマイル還元率であり高還元率と言っていい1.0%になります。

ちなみにカード決済におけるJALマイル還元率が高いカードでいうと、セゾンプラチナ・アメックスがあります。

セゾンプラチナ・ビジネス

JALカードではないものの1.125%と高還元率であり、年間250万円以上決済するなら年会費を考慮してもセゾンプラチナ・ビジネスの方がお得です。

あわせて読みたい
セゾンプラチナ・ビジネスはJALカード以上にJALマイルが貯まる最強クレジットカード
セゾンプラチナ・ビジネスはJALカード以上にJALマイルが貯まる最強クレジットカード※当記事では「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードをセゾンプラチナ・ビジネス」と表記します。セゾンプラチナ・ビジネスはJALマイル還元率が...

少し話がそれましたが、ショッピングマイルプレミアムに加入した状態のJAL普通カードよりも効率的にJALマイルが貯まるのはセゾンプラチナ・アメックスだけなので、カード決済メインならJAL普通カードで間違いなしです。

JAL普通カードの基本スペック

JAL普通カード
国際ブランド VISA/Master/
JCB/AMEX
年会費 常時 2,200円
AMEX:6,600円
割引 初年度無料
※AMEX除く
還元率 常時 0.5%
上限 1.0%
航空券 1.5%
ボーナス
マイル
カード継続 1,000マイル
フライト
ボーナス
+10%
付帯保険 海外 最大1,000万円
国内 最大1,000万円
空港ラウンジ なし
キャンペーン情報 最大1,850マイル!
公式サイト >> 公式サイト

年会費は2,200円(※初年度無料)

JAL普通カードの年会費は2,200円であり初年度無料です。しかしAMEXだけは年会費が6,600円であり初年度から年会費が必要です。

ちなみに上位カードのCLUB-Aは11,000円で、ゴールドが17,600円(AMEXとダイナースを除く)、プラチナが34,100円なので、金額だけでみると普通カードは圧倒的なお得さですよね。初年度無料なので1年間お試しできるのも嬉しいポイント。

還元率は0.5%だがアップ可能

JAL普通カードのJALマイル還元率は通常0.50%です。0.50%はお世辞にも、いい還元率とは言えません。

しかし、JALショッピングマイルプレミアムという、JALマイル還元率を2倍にできるオプションを使うことで1.0%まで引き上げられます。

ショッピングマイルプレミアム

1.0%だと上位カードのJALゴールドカードやJALプラチナカードと同じで高還元率カードとなるので、カード決済でも効率的にJALマイルが貯まるカードへと変貌します。

電子マネーを活用すればJALマイル還元率は常時1.5%

JAL普通カードの中には、SuicaやWAON、PASMOといった電子マネーへのチャージができるカードがあり、電子マネーを活用することでJALマイル還元率をアップさせられます(JAL普通カードは8種類ありますが、対応している電子マネーが異なったりします)。

JAL普通カードTOKYUの場合だと、WAONにチャージできます。

JAL普通カードからWAONへのチャージで1.00%のポイント還元があり、そしてWAONを使って買い物をすると、0.50%のポイント還元があります。

つまり「JAL普通カードからWAONヘチャージ→WAONで買い物」という2ステップを踏むことで、ポイントの二重取りができてJALマイル還元率を1.5%になるわけです!

WAON以外にもPASMOやSuicaで同じ仕組みでJALマイル還元率をアップできるので、自分がよく使う電子マネー付きのJAL普通カードを選びましょう。

JAL特約店とJALマイレージモールの利用で還元率アップ

JALマイレージモール

AL普通カードに限ったことではないのですが、特約店での利用でJALマイル還元率はアップするので、効率的にJALマイルを貯めることができます。

JAL特約店
JXTGエネルギーイオン
有楽町JALプラザランズエンド
大丸松坂屋紀伊書店
ディノス
(オンラインショップ)
スターバックス
(オンライン入金)
ファミリーマート家電専門店ノジマ
トヨタレンタカーJAL航空券
マツモトキヨシJALショッピング
日比谷花壇JAL DUTYFREE ショップ
ロイヤルホスト花キュープット
ウェルシアタイムズレンタカー
いきなりステーキオリックスレンタカー

もしもふだんの買い物で利用している場合は、JALカードを使うことでポイントが2倍になるのでお得にショッピングなどができます。

コンビニを利用するときはファミリーマートを使うなど、買い物先を特約店に合わせるのもいいかもしれませんね。

ボーナスマイルは+10%

JALカードの特典として、JALグループ便を利用したときに、通常もらえるマイルに加えて+αでマイルをもらうことができます。

その+αでもらえるマイルをボーナスマイルといいますが、JAL普通カードはボーナスフライトマイルが+10%であり、上位カードのJAL CLUB-A カードやゴールドカード、プラチナカードが+25%です。

JAL普通カード+10%
JAL CLUB-A カード+25%
JALゴールドカード+25%
JALプラチナカード+25%

なので、JAL便をよく利用するならJAL普通カードだと機会損失が大きくなってしまう可能性があるので上位カードを検討しましょう。もしもJALグループ便に乗らないなら、まったく気にしなくても大丈夫です。

たとえば、東京〜沖縄を先得割引プランで利用した場合には、追加で185マイルが獲得できます。

正直、出張などで飛行機に頻繁に乗る人でないと恩恵は少ないです。

今回は先得割引で計算しましたが、航空券を安いプランで申し込めば申し込むほど、そもそものもらえるマイル数が減るので、+25%でも微々たるマイル数にしかならないことも多いです。

オプションでフライトマイルの積算率が100%

ツアープレミアム

ツアーマイルプレミアムは、通常年間2,160円のJALのサービスです。

先得割引などでチケットを購入するとお得ですがもらえるマイル数が減ってしまう傾向にありますが、ツアープレミアムがあれば、先得割引のような時でももらえるマイル数が正規料金の時と同じになります。

そもそも飛行機搭乗時にもらえるマイルは「区間マイル(距離) × 積算率」で計算されるのですが、早割料金だと積算率が低く、正規料金だと積算率が高くなる傾向にあります。

早割料金だと積算率が50~75%くらいなのですが、ツアーマイルプレミアムに加入していれば積算率を常に100%にできます。

仮に東京からパリにダイナミックパッケージでエコノミークラスで行った場合を例にして「実際どのくらいお得か?」を見てみます。

ツアープレミアム

ダイナミックパッケージの場合だと料金的にお得なのですが、積算率が50%になってしまうためツアーマイルプレミアムに加入した時と比較してもらえるマイル数が50%になってしまいます。

今回の場合だと、もらえるマイル数の差が6,000マイルにもなります。仮に6,000マイルあると、国内線の片道分のチケットと交換できたり、どこかにマイルという往復6,000マイルで行けるミステリーツアーに参加もできます。

そう考えると、JAL便を利用する機会があるならツアーマイルプレミアムの恩恵を受けることができます。

旅行保険はほぼなし

JALカードについて調べているなら、ほぼ100%旅行をすると思います。もしかすると海外にも頻繁に行くかもしれません。

海外旅行といえば、旅行保険。クレジットカードには旅行保険が無料で付帯していることが多く、JAL普通カードにも付帯しています。

ですが、JAL普通カードに旅行保険がついているなら、安心!と思うのは危険です。実は怪我に対しての保証がない、みたいなケースがあるからです。

実際にJAL普通カードの保険内容を見てみます。

海外旅行保険 死亡後遺障害 1,000万円
傷害治療
疾病治療
携行品損害
賠償責任
救援者費用 100万円
航空機遅延保険
国内旅行保険 死亡後遺障害 1,000万円
入院保険金日額
通院保険金日額
手術保険金
航空機遅延保険
ショッピング保険 海外
国内

上記の通り、海外でいうと死亡後遺障害に1,000万円の保証がありますが、怪我や病気に対する保証はついていません。

なので海外に行くときには、JAL普通カードの保険は頼らずに自分で加入するか、もしくは旅行保険が充実したサブカードを持ちましょう。エポスカードとかだと年会費無料で怪我や病気に対して300万円まで保証があるので、最低限安心です。

JAL普通カードのデメリットや注意点

JAL普通カードはクレジットカードによくある旅行保険や空港ラウンジなどの特典はほぼカットされてますので、あくまでカード決済でJALカードを貯めたい方向けのJALカードです。

もしも他のJALカードを検討したいなら、以下の記事を参考にしてください。

ボーナスフライトマイルが少ない

JAL普通カードはJAL便を利用したときのボーナスフライトマイルが+10%であり、上位カードのJAL CLUB-A カードゴールドカードプラチナカードが+25%なので、JAL便をよく利用するならJAL普通カードは機会損失が大きいかもしれません。

JAL普通カード+10%
JAL CLUB-A カード+25%
JALゴールドカード+25%
JALプラチナカード+25%

目安としては年間20,000マイルほどJAL便を利用するなら、年会費を上乗せしたとしても上位カードのCLUB-Aにしたほうがお得になる可能性が高いです。

20,000マイルの基準:羽田〜伊丹:40往復/羽田〜那覇:10往復/成田〜バンコク:3.5往復/成田〜ホノルル:2.5往復/成田〜フランス:2往復

JAL便購入時の還元率に注意

JALカードでJALグループ便のチケット購入時には、ポイント還元率がアップします。JALカードの種類によって、以下のように変わります。

JAL普通カード2.0%
JAL CLUB-A カード2.0%
JALゴールドカード
(AMEX以外)
2.0%
JALゴールドカード
(AMEX)
3.0%
JALプラチナカード4.0%

JAL普通カードでもJALプラチナカードでも2.0%しか変わらないです。ですが、もし年間50万円ほどJALグループ便のチケットを購入するなら、JALプラチナカードで年会費34,000円支払ったとしても、獲得できるマイルを加味するとJALプラチナカードを選択するのがもっともお得です。

たとえば、2.0%の差だと50万円決済でもらえるマイルの差が10,000マイル出ますが、1マイルの価値は特典航空券にすることで3円以上になりうるので、年会費30,000円の差がなくなる感じです。それでいて、JALプラチナカードの特典を享受できるので、JALプラチナカードを持っておいたほうが良いですよ。

JAL普通カードの提携カードの選び方

JAL普通カードは6種類ありますが、シンプルに自分がよく利用する電子マネーに対応したカードを選べばOKです。AMEXを除くと、違いは対応電子マネーだけです。

AMEXでいうと、国内主要空港の空港ラウンジを利用できたり、より充実した旅行保険が付帯しますが、年会費が4,000円上がります。

もしも空港ラウンジを利用したいならAMEXを選んでもいいと思いますが、旅行保険目的ならサブカードとしてエポスカードなどの年会費無料のカードでまかなえるので、とくにAMEXを選ぶ必要なしです。

AMEX以外でいうと対応電子マネーが違います。

カード名SuicaWAONPASMO
JCB××
OP××
Suica××
VISA××
Master×
TOKYU×
AMEX×××

Suicaを使うならSuicaで、PASMOを使うならOP、WAONを使うならTOKYU POINT ClubQです。どれも使わない場合には、ぶっちゃけどれを選んでも大差はないです。

JAL普通カードが向いていない人は?

JAL普通カードが向いていない人の特徴としては、JALに年間20,000マイル以上乗る方とJALグループ便のチケットを年間50万円以上購入する方、そしてステータス性を求める方です。

たとえば、JAL便で年間20,000マイル以上の距離を乗る場合には、JAL CLUB-Aカードを持っているとボーナスでもらえるフライトマイルが年会費の差額以上の価値になるので、逆にJAL普通カードだと損になります。

同様に、JALグループ便のチケットの購入もです。年間50万円以上ならJALプラチナカードがオススメで、それ未満だったら獲得できるマイル数に大差はないので、正直あまり気にしなくてもOKです。

上記に当てはまるなら、上位カードにしたほうが結果的にお得になるかもしれません。ですが、もしもコスパよくそして効率的にカード決済でJALマイルを貯めたいなら、JAL普通カードで問題なしです。ちなみに僕自身も、コスパ重視でJAL普通カードを選びました。

まとめ:JAL普通カードはコスパがよく陸マイラーにオススメ

JAL普通カードは、カード決済でJALマイルを貯めるのに申し分なしのカードです。年間250万円以上決済するならセゾンプラチナ・ビジネスを検討すべきですが、そうでなければJAL普通カードが最適です。

たったの2,200円、もしショッピングマイルプレミアムに加入しても合計5,500円なので、維持費もあまりかからずお財布にも優しいのが魅力的ですよね。

注意としては、旅行保険が充実していない点とステータス性が低い点です。そもそも海外にあまり行かなかったり、券面デザインやステータス性にこだわなければJAL普通カードを選んで間違いなしですよ。

\ 今なら最大1,850マイルもらえます/

>>入会キャンペーンをチェックする

この記事のもくじ
閉じる