JALプラチナカードは豪華特典&JALマイルがザクザク貯まる魅力的なJALカード

2020 5/31

JALプラチナカード

JALプラチナカードは、JALカードの中で最高峰だけありJALマイルを貯めやすいカードです。とくにJAL便利用時やJALの航空券購入時にその威力を発揮します。

また世界中の空港ラウンジが利用できたり、コンシェルジュがついたりと、さすがはプラチナカード。この記事ではJALプラチナカードの紹介をしつつ、他JALカードとの比較をします。

\ 今なら最大10,550マイルもらえます/

>>入会キャンペーンをチェックする

おすすめ記事!

JALカード20種類以上を全比較して「自分はどのJALカードを発行すべきか?」がすぐ分かるように選び方をまとめました⇒ JALカードを全比較して分かったおすすめの1枚は…

この記事のもくじ

JALプラチナカードの基本スペック

JALプラチナカード
国際ブランド JCB/AMEX
年会費 常時 34,100円
割引 なし
還元率 常時 1.0%
上限 1.0%
航空券 4.0%
ボーナス
マイル
カード継続 2,000マイル
フライト
ボーナス
+25%
付帯保険 海外 最大1億円
国内 最大1億円
空港ラウンジ ・国内主要空港
・世界1,000以上
キャンペーン情報 最大10,550マイル!
公式サイト >> 公式サイト

年会費は34,100円

JALプラチナカードの年会費は34,100円です。

プラチナカードの年会費でいうと、ANAのプラチナカードだと7万円以上、アメックスのプラチナカードだと13万円ほどするので、JALプラチナカードは一般的なプラチナカードの中では少し低めの価格です。

初年度の優遇や、年会費の割引等はありませんが、逆に追加でお金がかかってくることもありません。

還元率は通常1.0%

JALプラチナカードはJALマイル還元率が1.0%であり、特約店や電子マネーの利用で1.5%以上にもなるため数あるクレジットカードの中でも高還元率です。

JALカードは通常、プラチナカードもノーマルカードも還元率が0.5%です。しかし、JALプラチナカードは、還元率を2倍にできるショッピングマイルプレミアムという有償サービスに無料加入できるため、常時1.0%を実現できています。

※これはゴールドカードとプラチナカードだけの特典であり、ノーマルカードに該当するJAL普通カードや、ゴールドカードと普通カードの間であるCLUB-Aカードだと年間3,300円を支払う必要があります。

電子マネーを活用すればJALマイル還元率は常時1.5%

JALプラチナカードではJCBだけWAONへのチャージができるのですが、WAONを活用することでJALマイル還元率をアップさせられます(AMEXはできない)。

JAL JCB プラチナカードからWAONへのチャージで1.00%のポイント還元があり、そしてWAONを使って買い物をすると、0.50%のポイント還元があります。

つまり「JAL JCB プラチナカードからWAONヘチャージ→WAONで買い物」という2ステップを踏むことで、ポイントの二重取りができてJALマイル還元率を1.5%になるわけです。

JAL特約店とJALマイレージモールの利用で還元率アップ

JALマイレージモール

JALプラチナカードに限ったことではないのですが、JALカードは特約店での利用でJALマイル還元率はアップするので、効率的にJALマイルを貯めることができます。

JAL特約店
JXTGエネルギーイオン
有楽町JALプラザランズエンド
大丸松坂屋紀伊書店
ディノス
(オンラインショップ)
スターバックス
(オンライン入金)
ファミリーマート家電専門店ノジマ
トヨタレンタカーJAL航空券
マツモトキヨシJALショッピング
日比谷花壇JAL DUTYFREE ショップ
ロイヤルホスト花キュープット
ウェルシアタイムズレンタカー
いきなりステーキオリックスレンタカー

もしもふだんの買い物で利用している場合は、JALカードを使うことでポイントが2倍になるのでお得にショッピングなどができます。

コンビニを利用するときはファミリーマートを使うなど、買い物先を特約店に合わせるのもいいかもしれませんね。

フライトマイルの積算率が常に100%

JALを利用したときにマイルをもらえますが、予約クラスによってもらえるマイル数が異なります。たとえば、先割と正規だと、もらえるマイル数に25%ほど差が生まれます。

ですが、JALプラチナカードはツアーマイルプレミアムという、先得割引のような時でももらえるマイル数が正規料金の時と同じになる有料オプションに無償で加入できます。

ツアープレミアム

そもそも飛行機搭乗時にもらえるマイルは「区間マイル(距離) × 積算率」で計算されるのですが、早割料金だと積算率が低く、正規料金だと積算率が高くなる傾向にあります。

早割料金だと積算率が50~75%くらいなのですが、ツアーマイルプレミアムに加入していれば積算率を常に100%にできます。

仮に東京からパリにダイナミックパッケージでエコノミークラスで行った場合を例にして「実際どのくらいお得か?」を見てみます。

ツアープレミアム

ダイナミックパッケージの場合だと料金的にお得なのですが、積算率が50%になってしまうためツアーマイルプレミアムに加入した時と比較してもらえるマイル数が50%になってしまいます。

今回の場合だと、もらえるマイル数の差が6,000マイルにもなります。仮に6,000マイルあると、国内線の片道分のチケットと交換できたり、どこかにマイルという往復6,000マイルで行けるミステリーツアーに参加もできます。

そう考えると、JAL便を利用する機会があるならJALプラチナで無料加入できるツアーマイルプレミアムの恩恵を受けることができます。

ところで、プラチナカードを発行したいという方は、JAL便以外の航空会社も利用する場合もあるかもしれません。JAL便以外にも、ワンワールドの航空会社やJALとの提携航空会社でもツアーマイルプレミアムは適応されて、積算率が100%になります。

JALと提携している航空会社

なので、上記にあるような飛行機をよく利用する場合には、かなり効率よくJALマイルが貯まります。

ボーナスマイルは+25%

JALカードの特典として、JALグループ便を利用したときに、通常もらえるマイルに加えて+αでマイルをもらうことができます。

JAL普通カード+10%
JAL CLUB-A カード+25%
JALゴールドカード+25%
JALプラチナカード+25%

その+αでもらえるマイルをボーナスマイルといいますが、JALプラチナカードはボーナスフライトマイルが+25%であり、上下位カードのJAL CLUB-Aカードとゴールドカードと同等です。

たとえば、東京〜沖縄を先得割引プランで利用した場合には、追加で185マイルが獲得できます。

正直、出張などで飛行機に頻繁に乗る人でないと恩恵は少ないです。今回は先得割引で計算しましたが、航空券を安いプランで申し込めば申し込むほど、そもそものもらえるマイル数が減るので、+25%でも微々たるマイル数にしかならないことも多いです。

付帯保険はJCBのほうが充実

JALプラチナカードの付帯保険はJCBとAMEXで異なり、JCBのほうが充実しています。

JCB アメックス
海外傷害死亡
傷害後遺障害
最高1億万円 最高1億円
国内傷害死亡
傷害後遺障害
最高1億万円 最高5,000万円
傷害・疾病
治療費用
1,000万円 200万円
賠償責任
限度額
1億円 3,000万円
携行品損害 100万円 50万円
救援者費用
(年間限度額)
1,000万円 200万円
日本語による
救急サービス
JALカード
ゴルファー保険

プラチナカードだけあり充実していますが、AMEXを選ぶ場合には傷害・疾病治療費用が注意ポイントです。傷害・疾病治療費用は怪我や病気で治療を受けたり入院したときの保証ですが、200万円だと心もとないです。

海外での入院費や治療費は高額であり、仮にアメリカで盲腸になって入院した場合には500万円以上かかるケースもあるので、怪我や病気に対する保証は200万円までというのは不安です。

※ちなみに僕はタイで1日だけ入院したことがありますが、15万円でした…。もしも仮に7日間入院したら100万円ですし、手術するようなことがあれば、さらに高額だったかもしれないので、保証はかなり意識するようになりました。

海外に行くときには、カードの保険だけに頼らず追加で加入するか、もしくは旅行保険が充実したサブカードを持つようにしてください。傷害・疾病治療費用は、複数枚のカードを合算して利用できます。

空港ラウンジは世界1,000以上で利用可能

JALプラチナカードは、プライオリティパスという世界中の空港ラウンジを利用できるようになる会員証のようなカードを無料で発行できます。

もしもプライオリティパスを正規のルートから申し込むと、$399(46,000円ほど)必要ですが、なんとカード特典として無料で付帯してます。もはやJALプラチナカードの年会費以上の恩恵があるのが驚きですよね!

このプライオリティパスは本当に役立ちます。

とくに海外の空港だとラウンジ内で軽食が食べられたり、場合によっては無料でシャワーを浴びることもできます。長時間フライト前にシャワーでリフレッシュできるとかなり快適なので、海外に行くときには、必ずプライオリティパスを持っていきます。

また、以下のような国内の主要空港のラウンジも利用することができます。

地域 空港名
北海道 東北 新千歳空港 函館空港
旭川空港 青森空港
秋田空港 仙台国際空港
中部 新潟空港 富山空港
小松空港 中部国際空港
富士山静岡空港
関東 成田国際空港 (第1ターミナル) 成田国際空港 (第2ターミナル)
羽田空港 (第1ターミナル) 羽田空港 (第2ターミナル)
近畿 伊丹空港 関西国際空港
神戸空港
中国 岡山空港 広島空港
米子空港 山口宇部空港
出雲縁結び空港
九州 沖縄 福岡空港 北九州空港
長崎空港 大分空港
熊本空港 鹿児島空港
那覇空港

注意:JALサクララウンジは利用不可

空港ラウンジといえば、JALサクララウンジがありますがJALプラチナカードを持っていても利用することはできません。

JALサクララウンジ

JALサクララウンジ

JALサクララウンジを利用できるのは、国内線だとファーストクラス、国際線だとプレミアムエコノミー以上のクラスに搭乗するか、JALの上級会員だけです。サクララウンジの使い方を知りたい場合には、以下の記事が参考になります。

あわせて読みたい
JALサクララウンジの利用料金や条件まとめ!実際の体験レビューも紹介
JALサクララウンジの利用料金や条件まとめ!実際の体験レビューも紹介この記事ではJALの空港ラウンジについて紹介します。JALのラウンジは「JALサクララウンジ」と「JALダイヤモンドプレミアラウンジ」があるのですが、「JALサクララウンジ...

24時間365日対応のコンシェルジュサービス

JALプラチナカードにはコンシェルジュサービスがついており、レストランやホテル、新幹線などの予約代行をしてもらえます。

クレジットカードのコンシェルジュサービスはちょっとしたオンライン秘書のような感じなので、もしも忙しかったりしてお店の予約する暇すらない時などに大活躍します。

僕はそこまで忙しい人間ではないのと、お店などは自分で決めたいこともあり、コンシェルジュサービスをあまり使わないですが、一度だけ頼ったときにはとてもスムーズにお店の予約までしてくれて助かりました。

JALプラチナカードのJCBとAMEXの違い

JALプラチナカードは提携カードがJCBとAMEXで選べますが、結論からいうとJCBがオススメです。

JCBがオススメな理由としては、WAON対応なので還元率アップできる場面あるのと、QUICPay対応なので支払いが便利なのと、付帯保険がアメックスよりかなり充実しているからです。

他にも付帯している特典に違いがありますが、正直大差はないレベルなので、とくに絶対にアメックスがいい!という理由がなればJCBを選んでおくのがいいと思います。

JCB アメックス
デザイン JALプラチナカード
年会費 34,100円 34,100円
マイル
還元率
1.0% 1.0%
フライト
マイル
25%アップ 25%アップ
海外旅行
保険
最高1億円 最高1億円
国内旅行
保険
最高1億円 最高5千万円
アドオン
マイル
100円ごとに
4マイル
100円ごとに
4マイル
電子マネー
(WAON)
あり なし

他JALカードとの比較

JALカードは普通カード・CLUB-Aカード・ゴールドカード・プラチナカードと4グレードあり、もしかすると自分はプラチナでいいのか?と悩んでしまうかもしれません。

なので、プラチナではなく別グレードを選ぶべき状況を2パターン紹介します。どちらにも該当しなければプラチナカードを選んでも大丈夫だと思います。

年会費を抑えたいならゴールドカードもあり

JALゴールドカード
国際ブランド VISA/Master/JCB
AMEX/Diners
年会費 常時 17,600円
AMEX:20,900円
Suica:20,900円
Diners:30,800円
割引 なし
還元率 常時 1.0%
上限 1.0%
航空券 2.0%
AMEX:3.0%
ボーナス
マイル
カード継続 2,000マイル
フライト
ボーナス
+25%
付帯保険 海外 最大5,000万~1億円
国内 最大5,000万円
空港ラウンジ ・国内主要空港
・ホノルル
・世界800以上(Diners)
キャンペーン情報 最大8,550マイル!
公式サイト >> 公式サイト

もしも年会費34,100円を支払うのはな〜と思うのであれば、年会費17,600円のゴールドカードを選んでもいいかもしれません。

ゴールドとプラチナの大きな違いとしては、JAL便購入時の還元率と海外の空港ラウンジ、コンシェルジュサービスあたりです。

なので、自費でJAL便のチケットを買わなかったり、海外に行かないのであれば、ゴールドという選択肢もありです。ふつうのカード決済では貯まるマイルに差がないですし、飛行機に乗らないなら僕もゴールドを選ぶと思います。

ですがプラチナはなんと言ってもステータス性もあります。やはりブラックのデザインのカードは店員さんや知人などに「おっ!」と思ってもらえる機会がゴールドよりも多いはずです。

\ 今なら最大8,050マイルもらえます/

>>入会キャンペーンをチェックする

あわせて読みたい
JALゴールドカードはカード決済とフライトどちらも効率的にマイルが貯まる万能クレジットカード
JALゴールドカードはカード決済とフライトどちらも効率的にマイルが貯まる万能クレジットカード※この記事ではJAL CLUB-A ゴールドカードをJALゴールドカードと表記します。JALゴールドカードは、カード決済でもフライトでもJALマイルを貯めやすい万能なJALカードで...

カード決済のみでコスパ重視ならJAL普通カード

JAL普通カード
国際ブランド VISA/Master/
JCB/AMEX
年会費 常時 2,200円
AMEX:6,600円
割引 初年度無料
※AMEX除く
還元率 常時 0.5%
上限 1.0%
航空券 1.5%
ボーナス
マイル
カード継続 1,000マイル
フライト
ボーナス
+10%
付帯保険 海外 最大1,000万円
国内 最大1,000万円
空港ラウンジ なし
キャンペーン情報 最大1,850マイル!
公式サイト >> 公式サイト

もしもカード決済メインでJALマイルを貯める予定であり、かつできるだけ年会費を抑えたいならJAL普通カードがオススメです。

JAL普通カードは年会費2,200円(初年度無料)であり、マイル還元率をプラチナと同じ1.0%にするのに年間3,300円かかりますが、合算しても5,500円でありプラチナよりも30,000円ほどお得です。

ステータス性がグッと落ちてしまったり、コンシェルジュや空港ラウンジ特典などの付帯特典、ボーナスマイルに期待できませんが、カード決済のみで年会費を抑えたいなら普通カードがオススメです。

僕は陸マイラーであり、カード決済メインでマイルを貯めているのでJALカードではJAL普通カードを選びました。

\ 今なら最大1,850マイルもらえます/

>>入会キャンペーンをチェックする

あわせて読みたい
JAL普通カードはカード決済でコスパよくJALマイルが貯まるクレジットカード!
JAL普通カードはカード決済でコスパよくJALマイルが貯まるクレジットカード!JAL普通カードはカード決済メインでJALマイルを貯めるマイラーにはぴったりのJALカード。年間5,500円にもかかわらず還元率1.0%でマイルを貯められるので、マイラー的視...

まとめ:JALプラチナカードならザクザクとマイルが貯まる

JALプラチナカードは、JALカードの中で最高峰だけありJALマイルを貯めやすいカードです。とくにJAL便利用時やJALの航空券購入時にその威力を発揮します。

なので、ふだん飛行機を利用しないけどカード決済でマイルを貯めたいなら他のカードを検討してもいいと思いますが、JALを頻繁に利用するならプラチナカード一択です。

提携カードはJCBとAMEXがありますが、とくに理由がないならJCBがオススメです。WAONとの紐付けでJALマイル還元率1.5%も実現できるので、とても効率的にJALマイルを貯めることが可能ですよ。

\ 今なら最大10,550マイルもらえます/

>>入会キャンペーンをチェックする

この記事のもくじ
閉じる