セゾンプラチナ・ビジネスはJALカード以上にJALマイルが貯まる最強クレジットカード

2020 5/25
セゾンプラチナ・ビジネスはJALカード以上にJALマイルが貯まる最強クレジットカード

※当記事では「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードをセゾンプラチナ・ビジネス」と表記します。

セゾンプラチナ・ビジネスはJALマイル還元率が常時1.125%であり、最大で1.375%までになるポテンシャルを秘めたクレジットカードです。

1.125%というのはJALカードの1.0%を上回るので、カード決済においてはJALカード以上にJALマイルが貯まりやすいということ。

つまりもしもあなたが陸マイラーであれば、JALマイルを貯めるのにこの上ないカードです。

さらには世界1,000以上の空港ラウンジが利用できたり、コンシェルジュサービスまで利用できるのに年会費が22,000円とコスパ抜群!

しかも年間200万円利用したら次年度は年会費が11,000円になります。

かなり人気高いカードであり、価格コムの法人カード部門とプラチナカード部門で2年連続で1位を獲得しているほどの実力があります。

僕自身、カード決済用のメインカードとして使ってJALマイルを貯めています。

※ビジネスカードですが、会社員でも発行することは可能でして、申し込みの職業欄には「会社員」という選択肢が用意されています。

\ 今なら最大9,000マイルもらえる/

>>入会キャンペーンをチェックする

この記事のもくじ

セゾンプラチナ・ビジネスはカード決済でJALマイルを貯めるのに最適クレカ

セゾンプラチナ・ビジネス

国際ブランド AMEX
年会費 常時 22,000円
割引 年間200万円利用で
次年度11,000円
還元率 常時 1.125%
上限 1.375%
航空券 1.125%
付帯保険 海外 最大1億円
国内 最大5,000万円
空港ラウンジ ・国内主要空港
・世界1,000以上
キャンペーン情報 最大9,000マイル!
公式サイト >> 公式サイト

JALマイルは飛行機に乗ったり、カード決済をして貯まりますが、セゾンプラチナ・ビジネスはカード決済時には数あるクレジットカードの中でNo.1の還元率を誇ります。

通常で1.125%であり利用実績に応じて最大1.375%までアップしますが、これはJALプラチナカード(年会費34,100円)の1.0%を上回っているので、JALカードよりもJALマイルが貯まりやすいカードというわけです。

なのでもしもカード決済でJALマイルを貯めるカードを探しているなら、セゾンプラチナ・ビジネスを発行しておけば間違いなく、僕自身も法人のメインカードとして活用してJALマイルを貯めてます!

\ 今なら最大9,000マイルもらえる/

>>入会キャンペーンをチェックする

※ビジネスカードですが会社員でも発行可能です。職業欄に「会社員」が用意されています。

JALグループ便の航空券を購入するならJALカードをサブカードで

もしもふだんJALグループのチケットを購入したり、JALグループの飛行機に乗る機会が多い場合には、JALカードをサブカードとして発行した方がいいかもしれません。

JALカードはJALグループのチケット購入時の還元率が高く、さらに飛行機搭乗時にもらえるマイル数(ボーナスマイル)が増えるからです。

カード名 JAL便購入時の還元率 ボーナスマイル 年会費
JAL 普通カード 2.0% +10% 2,200円
JAL CLUB-Aカード 2.0% +25% 11,000円
JAL ゴールドカード 2.0% +25% 17,600円
JAL プラチナカード 4.0% +25% 34,100円

目安としては、もしもJALグループ便以外でのカード決済が年間200万円以上なら、セゾンプラチナ・ビジネスとJALカードの2枚持ちがもっともお得で、200万円未満ならセゾンプラチナ・ビジネスでもJALカードでも大差はないので、それなら特典が充実するセゾンプラチナ・ビジネスがおすすめという感じです。

JALグループ便の航空券購入額が年間50万円未満ならJAL CLUB-Aカードを、年間50万円以上ならJALプラチナカードをサブカードとして持っておくとかなり効率的にJALマイルを貯められます。

セゾンプラチナ・ビジネスのメリット

セゾンプラチナ・ビジネスはプラチナカードだけあり、特典が充実しているためメリットが多いです。マイラー的視点でメリットをピックアップしてみます。

  • JALマイル還元率が最大1.375%
  • 海外利用時には常時1.625%で最大2.25%
  • 世界1,000以上の空港ラウンジが利用可能
  • 旅行保険が充実していて安心
  • コンシェルジュサービスがあって便利

最初の2つはカード決済での獲得できるマイルについてで、あとの3つは付帯特典についてです。

JALマイル還元率が最大1.375%

しつこいほど言っていますが、JALマイル還元率が通常1.125%で最大1.375%であり、カード決済においてもっともJALマイルが貯まりやすいカードです。

たとえば、2,000円分カード決済した場合には、JALマイルが20マイル自動的に貯まるのと、永久不滅ポイント1ポイント貯まる(5マイルに交換可能)ので、2,000円で25マイル貯まるという感じです。

セゾンクラッセの登場でJALマイル還元率1.375%も可能!

セゾンクラッセはセゾンカードの利用実績などに応じて特典が得られるサービスで、セゾンクラッセで一番上のランクになると「永久不滅ポイント2倍特典」がありますが、それによって最大で1.375%を実現可能です。

永久不滅ポイントが2倍になることで、仮に2,000円利用した場合にもらえるポイントが以下のようになります。

  • ショッピング利用額2,000円で20JALマイルが自動的に貯まる
    (1,000円利用ごとに10JALマイル)
  • 永久不滅ポイントが2,000円ごとに3ポイント貯まる
    (3ポイントは15JALマイルに交換できる)

永久不滅ポイントは200ポイント→500マイル(1ポイント→2.5マイル)のレートでJALマイルに交換出来るので、永久不滅ポイント3ポイントは7.5マイルに交換できます。なので2,000円で27.5JALマイル貯まり、JALマイル還元率は1.375%となるわけです。ややこしいので完全に理解しなくてもいいかと。

ちなみにセゾンクラッセで一番上のランクを取る基準などは公表されていないですが、個人的な感覚として月々20~30万円ほどの決済があれば一番上のランクになるかな〜という感じです。僕自身は月30万円ほど利用して最高ランクを維持できています。

通常の1.125%でも十分高還元率なので、1.375%になったらラッキーくらいに思っておいてもいいかなと思います。

※JALマイル以外の交換先について

2020年5月現在は旅行がしづらい状況ですので、JALマイル以外の交換先も紹介しておきます。

さまざまなポイントなどに交換できますが、汎用性が高くいい交換レートであるのはAmazonギフト券かなと思います。1,000円カード決済して125円相当のAmazonポイントが貯まるイメージです。

※2,000円利用時の計算式:2,000円利用で20JALマイルが貯まって20円分のAmazonギフト券に交換+10永久不滅ポイントは10円のAmazonギフト券に交換可能なので、2,000円利用で250円相当のAmazonギフト券がもらえる

交換先 必要
ポイント
交換先
金額
還元率
ベルメゾン
お買い物券
200 1,100 0.55%
Amazon
ギフト券
200 1,000 0.50%
dポイント 200 1,000 0.50%
au WALLET
ポイント
200 1,000 0.50%
すかいらーく
優待券
200 1,000 0.50%
モスカード 400 2,000 0.50%
プリンスチケット 400 2,000 0.50%
nanacoポイント 200 920 0.46%
Tポイント 100 450 0.45%
pontaポイント 200 900 0.45%
スタバカード 200 900 0.45%
永久不滅
WALLET
100 450 0.45%
tabiデスク
旅行代金
200 900 0.45%
ANA SKY コイン 200 900 0.45%
ANAマイル 200 600 0.30%
JALマイル* 200 500 0.25%

海外利用時にはJALマイル還元率が常時1.625%で最大1.85%

セゾンプラチナ・ビジネスを利用するとJALマイルと永久不滅ポイントが貯まりますが、海外で利用すると永久不滅ポイントが倍にもらえます。

なので常時1.625%であり、セゾンクラッセで最高ランクだと最大1.85%になるので、とてもポイント還元を受けられます。

マイルを貯めるのであれば海外に行く機会も多いと思うので、海外でカードを使って効率的にJALマイルを貯めて、そのマイルをまた航空券の足しにするなんてことができますよ!

世界1,000以上の空港ラウンジが利用可能

セゾンプラチナ・ビジネスを発行すると「プライオリティパス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証のようなカードを無料で発行できます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスを発行すると「プライオリティパス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証みたいなカードを発行

もしもプライオリティパスを正規のルートから申し込むと、$429(46,000円ほど)必要ですが、なんとカード特典として無料で付帯してます!もはやセゾンプラチナ・ビジネスの年会費以上の恩恵があるのが驚きですよね。

このプライオリティパスは本当に役立ちます。

とくに海外の空港だとラウンジ内で軽食が食べられたり、場合によっては無料でシャワーを浴びることもできます。長時間フライト前にシャワーでリフレッシュできるとかなり快適なので、海外に行くときには、必ずプライオリティパスを持っていきます。

旅行保険が充実していて安心

クレジットカードには旅行保険が付帯していることが多いですが、セゾンプラチナ・ビジネスは充実している部類に入ります。

ですが、少し懸念点があるとすると、海外旅行の傷害治療と疾病治療です。

これらは治療を受けたり、入院した時の補償なのですが、300万円だと心もとなさがあります。アメリカで盲腸での入院で300万円以上の請求があるといった事例がたくさんあるからです。

国内旅行保険

保険の種類 補償金額
死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院治療 5,000円
※1日あたり
通院費用 3,000円
※1日あたり

海外旅行保険

保険の種類 補償限度額
死亡・後遺障害 1億円
傷害治療 300万円
疾病治療 300万円
救援者費用 300万円
賠償費用 5,000万円
携行品損害 50万円
(免責3,000円)
航空機寄託手荷物
遅延費用
10万円
航空機遅延費用 3万円

コンシェルジュサービスがあって便利

セゾンプラチナ・ビジネスはプラチナメンバー専用デスクが用意されており24時間365日年中無休で対応してくれます。

ちなみにコンシェルジュサービスでは国内・海外ホテルの手配や航空券・JR特急券などの手配、国内レストランの案内・予約などがお願いできるのでかなり便利ですよ!

僕は新幹線のチケットや飲食店を探してもらった経験があるのですが、新幹線のチケットで言うと、電話でおおよその時間と区間を伝えるとその場で見つけてくれて、あとは家にチケットを配送してくれてとても便利だと感じました。

コンシェルジュサービスは秘書的な役割を果たしてくれるので、忙しいビジネスパーソンの方にはかなり便利で役立つと思いますが、僕はたまにしか利用しておらず活用しきれていないのが正直なところです…

\ 今なら最大9,000マイルもらえる/

>>入会キャンペーンをチェックする

セゾンプラチナ・ビジネスのデメリット

セゾンプラチナ・ビジネスのデメリットは正直言って見当たりません…JALマイルを貯めるのもオススメですし、これほどまでに特典が充実しているのに年会費22,000円とコスパ抜群だからです。

しいていうなら国際ブランドがアメックス

しいていうならば、国際ブランドがアメックスなので海外で利用できない場面もあることでしょうか。なので海外に行くときにはセゾンプラチナ・ビジネスだけではなく、サブカードでVISAやMasterCardなどを持っていくのをオススメします。

セゾンプラチナ・ビジネスの審査ハードル

審査基準は明確にされていないため、僕自身を例にして紹介します。

  • カード申込をする1ヶ月前に法人設立
  • 一般的なサラリーマンほどの役員報酬を設定し、賞与はなし
  • キャッシング枠*も10万円分

上記のような状況で申込みして2時間後には「審査通過」のメールを受信しました!

その後4営業日後くらいには手元にカードが届き、無事発行完了です。

まとめ

セゾンプラチナ・ビジネスはカード決済でJALマイルを貯めるのにおすすめなクレジットカードなので、JALマイルを貯めたいならぜひ発行してみてください。

たった年会費11,000円*で空港ラウンジやコンシェルジュサービスが使えたり、旅行保険が充実していたりと、満足すること間違いなしです。

\ 今なら最大9,000マイルもらえる/

>>入会キャンペーンをチェックする

この記事のもくじ
閉じる